2011年

3月

15日

乗り越えていく

大変なことになってしまいました。

ブログを読んでくださるみなさんは、ご無事でいらっしゃるでしょうか。

 

会員の中には、被災された方もいらっしゃるかと思います。

またご親戚やお知り合いが被災地にいらっしゃる方もおいででしょう。

 

被災地のニュース、聞けば聞くほど、言葉にできない思いが

湧いてきます。どんなに不安で、つらい思いをされていることか・・・。

 

生活ができるだけ護られ、皆さんの思いが届きますように。

心から応援しています。

 

生と死を考える会がある信濃町の真生会館で地震に遭遇したスタッフも

いらっしゃいました。

自宅に帰れず、一夜を真生会館で過ごしたメンバーもいましたが、

落ち着いて、一緒にいるメンバーで励ましあいながら過ごされたようです。

 

私はというと、なんとなく落ち着かないし、不安がないといえばうそになる。

映像を見ていると、自分の経験とだぶらせ思い出すこともあったりしてつらくなる。

見ていられなくなる。哀しくなる。

 

でも、にもかかわらず、大切な人を失った経験を持つ私達だからこそ、

できることもあるような気もします。

 

それぞれの持ち場で、大変だけど、落ち着いて、できることを、力合わせて

がんばりたいです。

 

私ができること。大切な人を思いやる。

スーパーなどで働く人にありがとうと伝える。募金する。道を譲る。

必要なものだけ買うようにする。こんなことしかできないけれど、やります。

 

今ラジオで、人はどんな困難でも乗り越えようとするし、乗り越えられずはずだと

言ってました。

 

私もそう信じたいです。