2012年

7月

01日

空間、時間

「我々は別々の道を歩く訳ではない。
  ただ同じ道を先に行くか、後を行くか、それだけのことだと考えればいい。

 

(中略)

 

  人は生き、必ず死ぬ。
  私が少々せっかちで、少しばかり早く歩き過ぎただけだ。
  君は後からゆっくり来てくれればいい」。

 

 

処刑の決まった主人公が、遺される女性へ口にするこの台詞は
私が大好きな小説のものです


死別を、空間軸ではなく時間軸で捉えたとしたら
私ももうすぐ、せっかちなあの人に逢えるのでしょうか。


私はずいぶんと薄情で鈍感にできているようで
慌ただしい日常では、もう涙が出ることもなくなってきました。


忘れた訳ではない。
忘れられる訳などないのに。


大切な人が存在しない毎日はそれなりに忙しく、
死別から立ち直っていく私は、だんだんと亡き人を想わなくなっていきます。

 

私も大概せっかちですから
後からゆっくり…などという生き方はできそうにありません。


けれど、亡き人を偲ぶ間もなく生き急いで何になるのでしょう。


死別の苦しみから抜け出そうとする自分を時に呪いたくなるほど
「立ち直る」ことの難しさを痛感する日々です。


(オレンジ)

***********************************************

「分かち合いの会」のお知らせ

◆7月7日(土) 14時~17時
 *第1土曜日の集まりは、大切な人を自死により亡くされた方の集まりです。


◆7月13日(金) 14時~17時
 *第2金曜日の集まりは、主にお子さんを亡くされた方の集まりです。

◆7月17日(火) 18時30分~20時30分

 *第3火曜日の集まりは、様々な体験の方の集まりです。


◆7月21日(土) 17時~19時30分
 *第3土曜日の集まりは、大切な人を亡くされた若い世代(主に20代30代)の方の集まりです。

◆7月28日(土) 14時~17時
 *第4土曜日の集まりは、様々な体験の方の集まりです。

◆会場/NPO法人生と死を考える会 事務局(東京都新宿区) JR信濃町徒歩1分
◆参加費/一般1,000円 会員500円

※会場などの詳細は、HPをご覧ください。
http://www.seitosi.org/

***********************************************