2012年

7月

05日

銭湯の記憶

最近、趣味のフラダンス教室の帰りに仲間で銭湯に入りに行くようになりました。

銭湯は、私にとって懐かしい場所です。幼い時の実家は内風呂がなく、家族みんなで銭湯に通うのが日課でした。

 

亡き父は、よくイタズラが好きで、銭湯から出てくる私を隅で隠れて待ち伏せし、
変質者並みに!驚かせてみせたり。ある時期は、私の枕元に寝入ってからぬいぐるみを置き続け、心霊現象を知らんぷりで装ってみたり。お茶目というかなんというか、おかしな人でした。

 

銭湯は家族の象徴だったことを、突然、思い出し、すごく切なくて懐かしくて悲しくて嬉しくて、走馬灯のように記憶が蘇りました。そして、その後の記憶も。

 

守ってもらいたい、経済的にも、精神的にも、親に庇護されている同年代を馬鹿にすることで、孤独であることを隠そうとしていたのかもしれません。大人には絶対わかるわけないと、実は裏腹に愛情に心底飢えていました。今でも、大人になんかわかるか! って思ってますけど。

 

私は、突然に父を亡くし10年以上そのことを他人に話すことが全く出来ずに育ちました。思い出したくても、もう、思い出せないように、前しか見ないように記憶を圧し殺し、生きてきてしまったのです。亡き父の面影や話し方をリアルに思い出せるのは、こういった今回の銭湯のような無意識の起爆剤です。それはまるで、隠された地雷のようでもあり、隠されたお宝のようでもあるのです。

 

でも、運動後の銭湯はこの上なく気持ち良くてはまり過ぎです。
当面辞められそうにありません。。

ピンク

 

 

「分かち合いの会」のお知らせ

 

◆7月7日(土) 14時~17時
 *第1土曜日の集まりは、大切な人を自死により亡くされた方の集まりです。

 

◆7月13日(金) 14時~17時
 *第2金曜日の集まりは、主にお子さんを亡くされた方の集まりです。

 

◆7月17日(火) 18時30分~20時30分
*第3火曜日の集まりは、様々な体験の方の集まりです。

 

◆7月21日(土) 17時~19時30分
 *第3土曜日の集まりは、大切な人を亡くされた若い世代(主に20代30代)の方の集まりです。

 

◆7月28日(土) 14時~17時
 *第4土曜日の集まりは、様々な体験の方の集まりです。

 

◆会場/NPO法人生と死を考える会 事務局(東京都新宿区) JR信濃町徒歩1分
◆参加費/一般1,000円 会員500円

※会場などの詳細は、HPをご覧ください。

http://www.seitosi.org/