2012年

9月

15日

オリンピック&パラリンピック

この夏はオリンピック観戦に、以外にも熱中しました。
ロンドンは夜中の放映時間ということもあり、その期間は仕事しながらも絶不調の体調を2週間維持しつつ(笑)今までで一番熱中しました。


開会式観ましたか?


イギリスという国の良さが全面に出てましたね!

 

エリザベス女王が、ジェームズボンドと、空からスカイフォールするなんて誰が想像したでしょう‼
日本なら天皇陛下をヘリから飛ばすようなそんな大それた発想もつきません!

 

素晴らしかった!

そして感動をもらった数々の競技。


なでしこサッカー、女子バレー、水泳、男子リレー、卓球、テニスetc.
観てるだけで惹きつけられました。


 

中でも、ピカイチのかっこよさを放ったパラリンピックの車いすテニスの国枝選手。知ってますか?

ラケットに貼られた手書きのラベル
「俺は最強だ」。


金メダルをとったプロのプレーヤーです。


彼は9才の時に脊髄腫瘍で車いすに、中1からテニスを始めています。


 

私も中学からずっとテニスをやっていて、今でも楽しんでいます。

テニスをやっている人ならなおさらわかると思いますが、車いす座位の状態で、あんなに強いショットや、健常者と同等の素晴らしいコースに打つショットは、あり得ません。

本当に驚きました。

 


彼は中3になって、9才の時の病気ががんだったと知り、「与えられた命だから、どんな時も諦めずに生きて行こう」「人生何が起こるかわからないから、毎日を悔いなく生きていこう」と
思ったそうです。

 

死別を経験した人も少なからず、こういったことを感じるのではないでしょうか。


彼のすごさを感じたのは、なんというか、人生の覚悟のようなものの上にある、かっこよさです。

 

若いからでしょうか。


いや、そうではないですね。私が仕事で出逢うお年寄りでも、中高年でも、自分で自分の人生を受け入れ、覚悟し、日々闘っている人は、本当に「かっこよく」見えます。


 

私は、
そういう人間の弱いけどそれでも持っている力強さ、
にとても惹かれています。




 

ピンク





 

《分かち合いの会のご案内》



◆9月1日(土) 14時~17時
 

*第1土曜日の集まりは、大切な人を自死により亡くされた方の集まりです。

 


◆9月14日(金) 14時~17時
 

*第2金曜日の集まりは、主にお子さんを亡くされた方の集まりです。

 


◆9月15日(土) 17時~19時30分
 

*第3土曜日の集まりは、大切な人を亡くされた若い世代(主に20代30代)の方の集まりです。

 


◆9月18日(火) 18時30分~20時30分
 

*第3火曜日の集まりは、様々な体験の方の集まりです。


 

◆9月22日(土) 14時~17時
 

*第4土曜日の集まりは、様々な体験の方の集まりです。

 




◆会場/NPO法人生と死を考える会 事務局(東京都新宿区) JR信濃町徒歩1分

 


◆参加費/一般1,000円 会員500円


※会場などの詳細は、HPをご覧ください。

http://www.seitosi.org/