2013年

7月

04日

七夕の短冊に何を書く?

こんにちは~、緑レンジャーです。

 

7月になりましたね~。そして、世の中は6月からセールも始まり、いよいよ夏本番ですね。

僕も、週末にはセールに行き、夏物の服をついつい買いすぎてしまいました。汗

 

さて、今日のお題は「七夕の短冊に何を書く?」です。先週あたりから駅や街中、そしてふと気づくと職場にも短冊の書かれた笹があるではないですか?!

 

今年の7月7日は、日曜日ですね。皆さんは短冊に願いごとを書かれましたか・・?

 

先日、ある友人とこんな会話をしました。

教育関係の仕事をする友人に「短冊に何か書いた?」と聞くと、その友人は「みんなの願いごとがなくなりますように」と書こうかなと言いました。

 

一瞬、うん?と思ったのですが・・・。つまり、その友人が言いたかったことは、「みんなの願いごとがなくなる=みんなの願いが叶う」ということだったそうです。

 

思考回路の鈍い僕には、思いつかない発想ですが、ふと、本当に「みんなの願いが叶ったら七夕はどうなるだろうと想像した結果・・・短冊がないただの笹だけが飾られている光景が浮かび、その光景は七夕的にはありえないだろう~と思いました(*・ω・)

 

人間には、色々な目標や夢、願いがあると思います。それは、自分の努力でどうにかなるものや、偶然に叶ってしまうこと、はたまた現実にはありえない願いであったりするかもしれません。

 

もしかしたら、「あの人」に会いたいと切に願うこともあるでしょう。

 

僕は、自分の願い事が現実に叶うのか叶わないのか、突き詰めたいわけではありません。

 

ただ、仮に自分が短冊に願い事を書くとしたら、それはどんなことを書いたとしても、きっと叶うと信じたいし、誰かに向けた願いであるならば、その思いは相手に届いていると思いたいです。

 

(緑)