2013年

7月

12日

一年に二度

オレンジです、こんにちは。
毎日本当に暑い日が続きますね。皆さん、お変わりないでしょうか。

 

私が大切な人と死別したのは、2006年の9月。
もうすぐ7年が経ちます。


7年前の今頃は、まだ意識はあったけれど、せん妄状態でした。

日に日に暑くなり
思い出します、色々なことを。

 

 

 

当時は地方に住んでいたのですが、死別して1年ほどで上京しました。


東京のお盆は7月なんですね。

新盆こそ地方で迎えたものの
2年目に、東京で迎えたお盆には戸惑いました。


「どうしよう…。お盆が7月って、お母さんわかるかな…」。


迷った末、我が家では
7月と8月の2回、お盆の支度をしています。


集合住宅なので、迎え火も送り火もしませんが、
精霊馬のキュウリとナスは二度用意。


「乗り方わかるかな?」「迷わずに来られるかな?」
心配になりますが、

一緒に来るであろう周りの人に尋ねつつ
不器用ながらも、よいしょよいしょと降りて来る姿が目に浮かぶようです。


8月にも準備をしたら
「もう、お姉ちゃんたら2回も呼んでぇ」などと、私に文句を言いながら
それでも降りて来てくれるんじゃないかな…と思っています。

 

 

宗教行事としては間違っているのかもしれません。
でも、一年に二度も逢えるだなんて、嬉しいじゃない!その可能性に懸けたいじゃない!

 

二年目以降はずっと二度のお盆を続けています。

 

 

 

今年は特に暑そうです。

終末期に体温調節がうまくできず「寒い寒い」と繰り返していた母にとっては
ちょうどいい気温なのかもしれません。

 

 

 

(オレンジ)