2013年

12月

31日

大晦日

 

こんにちは。

今日は1年の最後の日(大晦日)です。

1年=365日の感じ方は人によって、また同じ人でも年によって違うかもしれません。

 

この1年間で生と死を考える会の分かち合いや活動で多くの方に出会いました。

また直接お会いしなくても、このブログを通じてどれくらいの方が目をとめてくれているのでしょうか。

 

気候等の観点からは言えば、今日と明日で厳密な違いはあまりないのかもしれません。

また明日、目を覚まして、自分が何か変わったといった感覚を覚えるかというとそんなこともなく、正月行事が何か新たな気持ちにさせるのかもしれません。

 

今までの年末年始を考えると、1年を振り返った時、ただただ1年が長くて辛くて・・・世の中の年末年始の忙しなさと自分が乖離して、年を明けてもその気持ちは変わらないこともありました。

 

自分はこんな風に思います。

年が変わったからといって自分自身が全てが一変するわけでもない。

だから気持ちも含めて、年を新たに気持ちや何か新たなことに目を向けることがあっても、新年を迎えても変わらない・変えれない思いがあっても、そのどちらも大切な思いだと思います。

 

(緑)