2014年

3月

23日

庭の深雪

6月からの開業に向けて準備中

の白馬村のペンションに行って

きました。まだまだ雪はたくさん

残っていて、この写真は物置の

屋根に積もった雪です。

「ペンションのオーナー(木村さん)は福島県大熊町出身で、大震災の津波のため父、妻、二女を亡くされ、家は全て流されました。

そして原発事故のため、3人を捜しだせないまま、町を離れなければならず・・・」 

反原発運動ではなく、必要以上の電気などのエネルギー消費をしていた生活を見直したワークショップを企画するペンション経営を準備されていらっしゃいます。 

 両親、そして娘二人を持つ木村さんご夫婦の6人家族が半分の3人になり、お母様はまったく知人のいないところで住まうことに自信がないと、今までの住まいから遠く離れた会津の仮設住宅でお一人暮らし。木村さんと長女の中学1年生、雌犬のドーベルマンの「ベル」と小型犬(ミニチュアダックスフンドとチワワのハーフ)の「ミミ」と白馬村で・・・・。 

思春期に入った13歳の娘さんの心の内は分かるはずもないのですが、表面は屈託の無い明るく素直に育っていらして3.11までの家庭がしのばれるお嬢さんでした。

 

朝ご飯の後「アイスクリーム

食べる?」と言ってキッチンに

行き、イチゴをトッピングした

このおしゃれないちごアイスを

出して頂きました。

 

キッチンでのひとりの作業に

調理師でいらしたお母さまと妹さんが、きっと寄り添っていたように感じたのですが如何でしょうか。

 

朱鷺色