2010年

7月

26日

初めて来る人の気持ちは。。

みなさまこんにちは(^ε^)
このブログは「若い世代の分かち合いの会」各スタッフが、
持ち回りで書かせていただいています。
 
スタッフは、ちょうど5人いるので、
機動戦士○○レンジャーにちなんで、登場人物は5レンジャーで名乗りたいと思います(笑)
 
ちなみに今週の担当は桃レンジャーでございます。
 
ブログについていろいろ語ってますが、実はこれまで常に読者側。
書くのはまったく初めての経験です。
よろしくお願いします。

さてさて第1回目の桃レンジャーのテーマは、
 
信濃町にある「生と死を考える会」事務局に、初めて訪れた人のきもち
についてちょっと振り返りたいと思います。
 
あれ、
変なテーマですか?
スタッフらしくないと?
むしろ、私がはじめて訪ねたときの感想に近いかもしれません。
だって初めて来た時はとっても不安でしたから。
 
でも「初めてでも分かち合いの会や講演会に行こうかな」と、
考えてくださる方が沢山いると信じて、
雰囲気を少しでもお伝えできたら、いいですね~
 
 
まず「信濃町」駅に降り立った瞬間、
ふしぎ~な街の匂いがします

信濃町駅改札
信濃町駅改札

左手は明治神宮などのこんもりした森。
結婚式を終えたかと思われる大きな引き出物を持った集団が、
改札周辺でうろうろ。
 
正面には「慶應大学病院」がでーんと。
病院へ向かう足早な人々。
 
改札を出て右手に出ると、
花屋さんの隣に「分かち合いの会」会場と案内のあった建物があるはず。あるはず。

改札を出て右に出る
改札を出て右に出る

 「えーと、どこだろ、どこだろ」
「ああ、あった!」
 
??

真生会館前
真生会館前

(この日はバイクが停まっていてちょっとカッコ良さげ)





「何、何の会館??」
 
「あやしいかんじがするけど、
 
今日ここに来て良かったんだろうか。。」

「何の団体なんだろう。。」







と、建物の前でいったん躊躇するかもしれません。
 
でもご心配なく。

このビルはいろいろな事務所や団体が入っています。
私たち「生と死を考える会」事務局は、このビルの3階にあります。
「分かち合い」の会場もこの事務局を使用しているのです。

真生会館内エレベーター
真生会館内エレベーター
三階にお進みください。
三階にお進みください。
分かち合いの会
分かち合いの会

初めて来るところはただでさえ、不安なもの。

でも大丈夫です。





帰るころには、
ここが、
あなたの胸の内をわずかでも軽くできる、
不思議な時間と空間になることを
スタッフ一同願っています。

生と死を考える会
生と死を考える会 事務局