2012年

1月

15日

嬉しい出来事

今年の年末年始は、

というか、いつもそうなのだが、

年末29日まで仕事、

30日は怒涛の大掃除と、

31日は年越しで友人たちが我が家に集うためホストを務める。

もうこの段階でぐったりである。

年が明ければ、年賀状書き(年末にそんなことをやっているヒマはない)、実家への訪問、

そして、毎年仕事始めが絶不調の中始まり、仕事も年末年始から本格的に忙しくなる。

 

というか、12月始ってからの怒涛の忘年会続き、

社会人になるまで年末年始がスケジュール的にも体調管理的にもお財布的にも、

一番厳しいことを誰が教えてくれよう。

う、う、う。

 

そんな中、

お正月5日に私はだるい身体をひきずって出勤途中、

1通の嬉しいメールを読み心が震えた。

それはわたしたちわかちあいの会のスタッフの本当に大きな励ましであり、報酬でもあった。

 

若い世代が始まった当初から来てくれていた参加者の方からだった。

その彼女からの、新天地からのメールだった。

 

お見せできないのが残念だけれど、

本当に、

そのように新たなステージに進んでいっている彼女のことが、

自分のように愛おしく、誇りに思えた。

そのメールがどんなに嬉しくて、私たちを勇気づけてくれたことか。。

 

 

どうか今年もみなさんとの沢山の出会いと、「想い」のシェアができる一年でありますように!



(ピンク)