2013年

2月

06日

空色

はじめまして 空色です。
今回からブログの仲間に入れていただくことになりました。
よろしくお願いいたします。

空色  そう 青は 亡くなった息子が好きな色でした。
否、本当に好きだったのかどうか確かではないのですが…。
青色を見つけると、覚えたての片言でうれしそうに「あお あお」と指差して
言ってました。


2か月ほど前、信濃町の事務所に向かう途中のJRの車内広告で

「青春時代に見えていた空と、年齢を重ねてから見る空は、同じ青でも色の見えかたは違う。
青系の色の感度は年齢と共に鈍くなる」

という記事を見つけました。

あの子の好きだった青、同じ青を見ていても 2歳児に見えていた青と私の見ていた青は
違って見えていたのかもしれないな、と今更思ったりしました。

今日、東京はあいにくの空模様。青空は見えません。
雪なら雪で積もってくれれば子供にはうれしかっただろうに。
あの子のいる雲の上は晴れているのかもしれませんが。


雪でも雨でも 空から降るなら
あの子も一緒に降っておいで ママのところに

(空色)