2014年

1月

17日

新しい年のはじまりに

私の2014年のはじまりは多忙を極め、日の出を見る機会も、

神社にお参りに行くこともできませんでした。

 

そこで、寒さに耐えつつ頑張って5時起き。

湘南の日の出を見てきました。

 

じんじんする指先、頬に受ける冷たい空気の中、太陽が昇る瞬間を待ちます。

寒くて、冷たい闇が、黄金色の光に包まれ、太陽で熱をおびてゆく。

からだに感じる温かさ、光の美しさ。

生かされていることへの感謝の気持ちを静かに味わいました。

 

やっと新しい年を迎えられた。

自分の中で区切りがついた瞬間でした。


アイルランド製のやかんで珈琲を入れました。

でも、ホーローカップのあまりの冷たさに、あっという間に急冷された珈琲はアイスに。

ホット珈琲が飲みたかったのに^^;

こんな失敗も楽しい一日です。

共に朝日を見に行った仲間と、生きること、これからの暮らし方、自分たちの目標…etc
珍しく真面目に語った朝のひととき。

 

今日が人世最期の日だと思い、今、自分にできることを精一杯!

出会いや機会を大切に暮らして行こうと思います。

本年も宜しくお願いいたします。

 

水浅葱